& CINEMA

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『真夜中のゆりかご』は一見マトモな夫婦が実は気狂い夫婦でしたという話【ネタバレあり】

真夜中のゆりかご 2014年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00020/SID0020519_fwxga.png

再生時間:102分

あらすじ・考察
※ネタバレあり

アンドレアスには美しい妻アナと生まれたばかりの息子アレクサンダーがいる。刑事のアンドレアスがある日、過去に逮捕したジャンキーのトリスタンの家に行くと、トリスタンの恋人サネは彼にDVを受けており、生まれたばかりの彼らの息子ソーフスは糞尿まみれで育児放棄されていた。

アンドレアスはソーフスを保護するが、ソーフスには虐待の痕跡がないことから、公の福祉施設では保護ができず、結局、ソーフスを家に帰すことになってしまう。

息子の突然死

一方、アンドレアスは実家が裕福な妻アナのおかげもあってか、広く素敵な家に住み、幸せな家庭生活を送っているが、ある晩、息子アレクサンダーが突然死んでしまう。

蘇生措置を施すアンドレアスは、アナに救急車を呼ぶように言うが、なぜかアナは救急車を呼ばない。アレクサンダーの死亡を確認したアンドレアスは警察に通報しようとアナに言うが、アナは「この子を奪ったら、自殺する!」と言って、パニックを起こしてしまう。

子供をすり替える

アンドレアスはアナに睡眠薬を飲ませ、その間に死んだアレクサンダーを運び出し、トリスタンに家に行き、糞尿まみれになっているソーフスのうんちを死んだアレクサンダーの顔に塗り、汚物まみれになっているおむつをアレクサンダーにつけて、子供をすりかえる。

翌朝、アンドレアスは冷静になって目覚めたアナに、子供をすり替えてきたことを伝える。アナはアレクサンダーは死んだわと言いつつ、それでもソーフスを育て始める。

子供を盗まれた2人は…

一方、朝目覚めたら赤ちゃんが死んでいたことに気づいたトリスタンは「その子はソーフスじゃない」と止めるサネを振り払って、アレクサンダーの死体をバッグに入れて、どこかに埋めに行く。

その後、トリスタンは近所のママたちが集まっているところに空のベビーカーを押して近づき、子供が誘拐された!と一芝居を打つ。そして、他のママに警察に通報させる。

通報で駆け付けたアンドレアスたち警察はトリスタンとサネを疑い、警察に拘留する。

アナの自殺

アンドレアスの妻アナは夜中にソーフスをベビーカーに乗せて橋の上の道路に立ち、やってきたトラックを停止させる。アナは車から降りてきたトラック運転手にソーフスを渡し、自分は橋の上から海に飛び込んで自殺する。

アンドレアスの取り調べ

妻が亡くなったばかりで休めと言われたアンドレアスだったが、強引に勤務を続け、トリスタンとサネの取り調べをする。トリスタンにはサネが白状したかのように見せかけ、トリスタンがアレクサンダーの遺体を林の中に埋めたことを聞き出す。

アレクサンダーの検死結果

トリスタンの供述通り、土の中から出てきたアレクサンダーの遺体の検死を行うと、アレクサンダーの死因は乳幼児突然死症候群ではなく、強く揺さぶられたことによる硬膜下血種による出血であったことがわかる。

また、アレクサンダーは強く揺さぶられたことで肋骨を骨折していた。監察医は「これは殺人事件よ」とアンドレアスに告げる。

それを聞いてパニックになったアンドレアスはガラスをこぶしで殴る。前からアンドレアスの様子がおかしいことに気づいていた相棒のシモンは、アンドレアスに自首を進める。職は失うだろうが、実刑は免れるであろうと。アンドレアスはサネに謝りたいと言い、サネのもとにソーフスを連れて行く。

数年後

数年後、ホームセンターで働いているアンドレアスはサネを見かける。アンドレアスの近くにやってきた小さい男の子に名前をたずねると、彼はソーフスと名乗った。

個人的評価

映画の満足度★★☆

感想・レビュー 

一見、マトモそうに見える夫婦の方が、子供を糞尿まみれにしているジャンキーカップル以上に気狂いだった…というお話。

アンドレアスは「自分の子供が死んじゃったから、ジャンキーカップルの子供と取り替えてきたよ!」のノリ。一方、アナは「よし、これで私が殺したことがバレずに済むわ!」。

母親に揺さぶられて殺されてしまったアレクサンダーは、ジャンキーカップルの家のトイレで他人の子供のうんちを顔に塗りたくられ、糞尿まみれのおむつをつけられて放置。挙句の果てに林に埋められてしまう。

この夫婦は自分の子供そのものに対する愛情は薄くて、子供というアイテムを持っている自分たちが重要なだけの夫婦なのだろう。

でもでも育児ノイローゼだから…で観客に同情を誘えるのは、多く見積もっても子供を死なせてしまったところまで。ダメなことはダメだけど、泣き声にイラついて、一時的な感情で乱暴にしてしまったと言う言い分も成り立たなくはない。

しかし、その後の救急車を呼ばないとか、子供を他人の子供の糞尿まみれにして捨てて来ちゃうとか、じゃ別の子でいいやみたいになるのは間違いなく気狂いなわけだから、気狂いは気狂いとして描いてもらわないとモヤモヤする。この映画のような、何かこう普通の夫婦でも起こり得ることみたいな描き方はどうなんだろう。

最後に大きくなったソーフスを見て感極まるアンドレアス…(感動)みたいなシーンはもう白々しさしかないし。

真夜中のゆりかご
解説

「未来を生きる君たちへ」でアカデミー外国語映画賞に輝いた、デンマークの女性監督スサンネ・ビアと脚本家アナス・トーマス・イェンセンのコンビによる、育児放棄、ドラッグ中毒、家庭内暴力といった現代社会が抱えるさまざまな問題を盛り込んだサスペンスドラマ。

真夜中のゆりかご : 作品情報 - 映画.com 

キャスト・スタッフ
video.unext.jp