Movies & Books

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

ポン・ジュノ監督の『母なる証明』もなかなかの胸クソ映画【ネタバレあり】

母なる証明 2009年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00013/SID0013323_fwxga.png

再生時間:129分

母なる証明について

 凄惨な女子高生殺人事件を皮切りに、事件の容疑者となった息子と、息子の無実を信じて真犯人を追う母の姿を追ったサスペンス。監督は『殺人の追憶』などで国際的に評価される名匠ポン・ジュノ。主人公の母を“韓国の母”と称される国民的人気女優キム・ヘジャが演じ、その息子を『ブラザーフッド』のウォンビンが演じている。カンヌ国際映画祭でも絶賛されたポン・ジュノ監督の卓越した演出と、兵役後の復帰第1作となるウォンビンの熱演に注目だ。

解説・あらすじ - 母なる証明 - 作品 - Yahoo!映画

キャスト・スタッフ
  • (母親)キム・ヘジャ
  • (息子・トジュン)ウォンビン
  • (ジンテ)チン・グ
  • (ジェムン刑事)ユン・ジェムン
  • (ミソン)チョン・ミソン
  • 監督 ポン・ジュノ

 

母なる証明
あらすじ

早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない中、ヘジャは真犯人を捜し出し、息子の無実を証明しようとする。

解説・あらすじ - 母なる証明 - 作品 - Yahoo!映画

video.unext.jp

ストーリーと解説
※ネタバレあり

田舎町で女子高生が撲殺される事件が起きる。知的障害のある青年が逮捕されるが、母親は別に犯人がいると信じ真犯人探しを始めるが、結局自分の息子が殺したところを見たという目撃者に出会ってしまう。

真実を知った母親はその目撃者を撲殺し、家に火を放って証拠隠滅。一方、警察では別の人間(こちらも知的障害者)を真犯人としていて、母親は自分の息子を無実にするために、息子の罪を別の知的障害者になすりつけて、自分たちはセーフ!という話。

個人的評価

映画の満足度★★★☆☆

感想・レビュー

 原題は「마더(母)」なのに、邦題になるとなぜか「母なる証明」に。この話を「母なる証明」と言う邦題にすることは問題あると思う。 自分の息子を守るために、他人に罪をなすりつける利己的な行為について、それが母であることの証明かのように表現するのはちょっとおかしい。

作品中で殺された少女の友達役の子が、いとうあさこにあまりにそっくりで驚く。完全に本人(笑)

video.unext.jp

ポン・ジュノ監督
作品一覧

1994年 白人色
1994年 支離滅裂
1994年 フレームの中の記憶
1999年 ユリョン
2000年 ほえる犬は噛まない
2003年 殺人の追憶
2003年 Sink and Rise
2004年 インフルエンザ
2005年 南極日誌
2006年 グエムル-漢江の怪物-
2008年 シェイキング東京
2008年 ミスにんじん
2009年 母なる証明
2011年 Iki
2013年 スノーピアサー
2014年 海にかかる霧
2017年 オクジャ/okja
2019年 パラサイト 半地下の家族