Movies & Books

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『彼が二度愛したS』はどんでん返し映画としては途中で先が読めてしまう残念パターン【ネタバレあり】

彼が二度愛したS 2008年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00014/SID0014408_fwxga.png

再生時間:107分

彼が二度愛したS
解説

 孤独な会計士の男が、ハンサムな弁護士との出会いをきっかけに官能めいた甘いわなへと落ちていくラブ・サスペンス。監督は本作がデビューとなる新鋭マーセル・ランジェネッガー。プロデューサーも務めるヒュー・ジャックマンをはじめ、『ムーラン・ルージュ』のユアン・マクレガー、『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズといった豪華キャストが集結。二転三転するエロチックで謎めいた展開と、思いがけないラストに注目だ。

解説・あらすじ - 彼が二度愛したS - 作品 - Yahoo!映画

キャスト・スタッフ
彼が二度愛したS
あらすじ

NYで会計士をしているジョナサンは、弁護士のワイアットと出会う。秘密の会員制セックス倶楽部を知り、一夜限りの情事に夢中になっていく。そんなある日、以前に一目惚れした美女と倶楽部で再会した。だが彼女はベッドに血痕を残して姿を消してしまう。

「彼が二度愛したS」(洋画 / 2008年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

video.unext.jp

ストーリーと解説
※ネタバレあり

ジョナサン(ユアン・マクレガー)は弁護士事務所で働く冴えない会計士。ある時、夜遅く残業をしているとイケメン弁護士ワイアット(ヒュー・ジャックマン)が現れ、2人は仲良くなる。その日の帰り、ジョナサンは地下鉄でSのキーホルダーをつけた美女(ミシェル・ウィリアムズ)に出会い、目を奪われる。

数日後、海外出張に行くワイアットとジョナサンは一緒にランチをするが、ジョナサンとワイアットはお互いの携帯電話を取り違えて持ち帰ってしまう。ワイアットの電話を持っているジョナサンの元に、怪しい電話がかかってくる。

それは、ニューヨークのビジネスマンとバリキャリ女性が出会う会員制セックス倶楽部。名前も職業も明かさない、会話もなし。「今夜、暇?」と電話をかけて来た相手とホテルで会う。誘った方がホテル代を払うのがルール。夜遅くまで仕事をしているバリキャリ女性たちがこれを利用する理由は「手続きの経済性」。時間をかけてデートする時間がないから、欲望の処理のためだけに会員制セックス倶楽部を利用しているとのこと。

ジョナサンはこのセックス倶楽部を利用して、数人の女性と出会う。ジョナサンはこの倶楽部の何人目かで地下鉄で見かけた美女Sと再会する。しかし、この日は2人はセックスをせずに話だけして帰り、翌日中華料理店でデートをする。良い感じになり、近くの古びたホテルに入るが、ジョナサンが氷を取りに行っている間にSは消えており、部屋には血痕が残っており、ジョナサンは警察を呼ぶ。

ジョナサンがワイアットに連絡を取ろうと、弁護士事務所でワイアットの連絡先を訪ねるとワイアットという弁護士は所属していないと言われる。ジョナサンはワイアットのことを調べ始める。そして自宅に帰ると、ワイアットが待っており、Sを返してほしければジョンサンが会計を担当する企業の裏金をワイアットが指定したマドリードの口座に振り込むようジョナサンを脅迫する。

仕方なく不正行為を働くジョナサン。家に戻ると、爆発でジョナサンの部屋が吹き飛ぶ。しかし、この時死亡したのは、ジョナサンの部屋の水漏れを確認しに来た管理人だった。

爆発の様子を近所から見届けたワイアットはジョナサンが死んだものと思い、用意していた偽造パスポートを持ってジョナサンになりすまし、マドリードへ飛ぶ。マドリードのホテルの部屋で待っていたのはS。

Sは元々ジョナサンが拾った娼婦で、ワイアットのグルだった。ワイアットはジョナサンがワイアットの本名を調べており、またSを返さなければジョナサンが警察に行ってしまうため、彼を殺したとSに話す。ジョナサンを殺害することは聞かされていなかったSは動揺する。

翌日、ジョナサンに成りすましたワイアットは、ジョナサンに送金させた金を取りに銀行へ行く。しかし、口座の解約には副署名人ワイアットのサインが必要だと言われてしまい、解約できずに一旦銀行を出る。

ワイアットが銀行を出ると、そこへ現れるジョナサン。ジョナサンはワイアットに、ジョナサンがワイアットに成りすまして署名をするから、金の半分をよこせと言う。そして2人で銀行で口座を解約し、金をアタッシュケースに入れて銀行を出る。

そしてジョナサンはSがワイアットの元を去ったと聞かされる。ワイアットに静かなところで話そうと言われ、2人で公園へ行ったところ、ワイアットがジョナサンに銃を向ける。すると、どこからともなくSが現れ、Sがワイアットを撃って立ち去る。

ジョナサンは金の入ったアタッシュケースをワイアットの元に置き、Sを追いかけると、Sはグルだったことを詫び、中華料理店の夜に本当はやめたかった、ワイアットがジョナサンを殺す予定だったことは知らなかったと告げ、タクシーに乗って立ち去る。

別の日にマドリードの街中を歩き回るとジョナサン。とうとうSを見つけ、最後に2人で微笑み合う。

個人的評価

映画の満足度★☆☆☆☆

感想・レビュー

 ジョナサンが最初に地下鉄でSを見かけたときに、Sが全くバリキャリに見えず、セックス倶楽部でバリキャリのSが出てきた時点でこれは怪しいと気づいてしまい、先が何となく読めてしまう。あまりどんでん返しにならないどんでん返し映画。video.unext.jp