Movies & Books

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『ポリーナ、私を踊る』は紆余曲折を経て自分のダンスを見つけた元バレリーナの半生を描いた作品【ネタバレあり】

ポリーナ、私を踊る 2016年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00033/SID0033195_fwxga.png

再生時間:108分

ポリーナ、私を踊る
解説

 バスティアン・ヴィヴェスグラフィックノベルを原作にしたドラマ。類いまれなバレエの才能に恵まれた少女が、数奇な運命をたどる姿が描かれる。監督は短編などを手掛けてきたヴァレリー・ミュラーと、ダンサーや振付家として活躍するアンジュラン・プレルジョカージュ。映画初出演のアナスタシア・シェフツォヴァがヒロインを演じ、その脇をニールス・シュナイダー、ジュリエット・ビノシュらが固める。

解説・あらすじ - ポリーナ、私を踊る - 作品 - Yahoo!映画

キャスト・スタッフ
  • (ポリーナ)アナスタシア・シェフツォヴァ
  • (アドリアン)ニールス・シュネデール
  • (カール)ジェレミー・ベランガール
  • (アントン)ミグレン・ミルチェフ
  • (ポリーナ(8歳))ヴェロニカ・ジョフニツカ
  • (ナタリア)クセニヤ・クテポヴァ
  • (ボジンスキー)アレクセイ・グシュコフ
  • (リリア・エルサジ)ジュリエット・ビノシュ
  • 監督 ヴァレリー・ミュラー
ポリーナ、私を踊る
あらすじ

ひとりの天才バレエ少女が、数奇な運命に翻弄されながらも、成長していく姿を描く
ボリショイ・バレエ団バレリーナを目指すロシア人の少女・ポリーナ。ところが、憧れのボリショイ・バレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打って、パートナーと共に南フランスへ行くことを決意する。

「ポリーナ、私を踊る」(洋画 / 2016年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

ストーリー・考察
※ネタバレあり

少女時代のポリーナ

バレリーナを夢見て、バレエの英才教育を受けるポリーナ(アナスタシア・シェフツォヴァ)。

バレエの鬼教師ボジンスキー(アレクセイ・グシュコフ)に「君にとってダンスとは?」と問われるとポリーナは「身体から自然に生まれるものです」と答える。

ボリジョイ・バレエ団を蹴るポリーナ

10代になり、ポリーナは念願叶って、ボリジョイ・バレエ団のオーディションに合格する。

しかし、ポリーナはボリジョイ・バレエ団への入団を蹴って、当時同じバレエ学校に在籍していたフランス人ダンサーで恋人のアドリアン(ニールス・シュネデール)と共に南仏にあるコンテンポラリー・ダンスの団体のオーディションに2人揃って合格し、両親の反対を押し切って、そこに所属してしまう。

コンテンポラリー・ダンスに目覚めるポリーナ

ポリーナとアドリアンは2人で白雪姫を躍らせてもらえることになった。しかし、アドリアンがポリーナのキャッチに失敗し、ポリーナは足を怪我してしまう。

ポリーナがやっと練習に復帰したときは、白雪姫役は別のダンサーに決まっており、アドリアンと息の合ったダンスを見せていた。

ポリーナは振付師リリア(ジュリエット・ビノシュ)に自分に白雪姫を踊らせてほしいと直談判するが、リリアは「まだ早いわ。あなたの才能と努力は認めるけど、役を要求する権利はないわ。こだわりが強すぎるのよ。周りをよく見て、広い視野を持つのがアーティストよ」と言われてしまう。

ポリーナは湖へ行って入水自殺を図るが苦しくて死ぬことができなかった。ポリーナはダンス団を離れ、ベルギーのアントワープに向かう。

ベルギーでのポリーナ

ポリーナは新聞のダンサー募集の広告を見て、オーディションを受けるが上手く行かない。そして、お金も底をつき、滞在していたホテルを追い出されてしまう。

宿なしになってしまったポリーナはクラブのバーで働かせてほしいと頼み、すぐに働き始める。

そして、たまたま通りがかったダンス教室で、即興ダンスを教えている教師カール(ジェレミー・ベランガール)のダンスに心を惹かれ、彼の教室を訪ねる。

また、彼はちょうどルームメイトを募集しており、ポリーナは彼の部屋でルームシェアをしながら、ダンス教室に通い、夜はバーで働く生活を送っていた。

そんな中、ルームメイトでダンス講師のカールはモンペリエ・フェスティバルで振付師を探しているから、挑戦してみないかとポリーナを誘う。しかし、日々の生活に疲れているポリーナはそれを断った。

ある日、ポリーナを心配した父親がロシアからやって来て、ポリーナを車で尾行。父親はポリーナがバーで働いていることを知りショックを受ける。父親はポリーナに一緒にロシアに帰ろうと言うが、ポリーナはそれを断った。

ポリーナの覚醒

バーのバイトで疲れ、自堕落な生活を送っているポリーナをカールは無理矢理散歩に連れ出す。

港で2人で即興ダンスをしていたところ、ポリーナが覚醒。モンペリエ・フェスティバルの振付師の仕事に意欲を見せる。フェスティバルの担当者が来週ベルギーに来ることをカールから聞き、ポリーナはカールにデュエットでチャレンジしようと誘う。

ポリーナとカールの融合

2人でスタジオに寝泊まりしながら、振り付けに没頭する2人。徐々に恋心も芽生えるが、そんな中、ポリーナの父親が亡くなる。

ロシアに帰ったポリーナは母親から「あなたがプリマになるのがお父さんの夢だった」と言われてしまう。

ポリーナはベルギーに戻るが、モンペリエ・フェスティバルの担当者にダンスを見てもらう約束に遅れてしまいそうになる。ちょうど担当者が帰ろうとしたところで、何とか間に合い、15分だけ時間をもらって、ダンスを見せるポリーナとカール。そのままフェスティバルでの2人のダンスのシーンになって終了。

個人的評価

映画の満足度★★☆☆☆

感想・レビュー

ボリジョイ・バレエ団を蹴って、紆余曲折を経て、自分のダンスにたどり着いたダンサーを描いた作品。少女時代のポリーナがバレエ学校の先生に「君にとってダンスは?」と聞かれた時に「身体から自然に生まれるものです」と答えたのを、大人になって体現した形。映画のストーリーとしては単純だが、ダンスシーンがとても美しいので楽しめる。

video.unext.jp