Movies & Books

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『ストーン』は豪華俳優陣に期待してしまうが肩透かしを食らう作品【ネタバレあり】

ストーン 2010年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00042/SID0042680_fwxga.png

再生時間:105分

ストーン
解説

 ロバート・デ・ニーロエドワード・ノートンミラ・ジョヴォヴィッチの実力派キャストが共演し、善と悪、人間の心の闇を緊張感たっぷりに描くクライム・サスペンス。ある受刑者と引退間際の仮釈放管理官の人生が、かたや自己啓発によって変化し、一方は女によって崩壊していく様を映し出す。監督は、『夫以外の選択肢』などでメガホンを取ったジョン・カーラン。ミラのファム・ファタールぶりに加え、ロバートとエドワードの演技合戦は圧巻。

解説・あらすじ - ストーン - 作品 - Yahoo!映画

キャスト・スタッフ
ストーン
あらすじ

 もうすぐ定年を迎える仮釈放管理官のジャック(ロバート・デ・ニーロ)は、放火と祖父母殺しの受刑者、ストーン(エドワード・ノートン)を最後に担当することに。激高しやすいストーンはジャックの心象を悪くしたが、妻のルセッタ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)にジャックを誘惑させようと画策し……。

解説・あらすじ - ストーン - 作品 - Yahoo!映画

video.unext.jp

ストーリーと解説
※ネタバレあり

 退職間近の仮釈放管理官ジャック(ロバート・デ・ニーロ)と受刑者ストーン(エドワード・ノートン)。受刑者は自分の妻ルセッタ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を使い、ジャックを誘惑し、自分が仮釈放してもらえるよう画策する。ジャックはルセッタの誘惑に負け、体の関係を持つ。

同時期にストーンは刑務所の図書館で見つけた怪しい自己啓発にハマり、心のよりどころとする。一方、敬虔深いクリスチャンのジャックは神を信じられなくなり、荒れるようになる。

ストーン釈放後にジャックの家が火事になり、ストーンの仕業かと思うがそうではないようで・・・火事をきっかけにジャックの妻は家を出る。もしかしたら、妻が未必の故意で火事を起こしたような発言もありつつ・・・ぼわっとして終わる、何が何だかさっぱりわからない映画。ミラ・ジョボビッチのヌードシーンあり。スーパーモデルだから、スタイルはいいけど見事なぺちゃぱい。

個人的評価

映画の満足度☆☆☆☆☆(星ゼロ)

感想・レビュー

信仰が絡むからなのか、単に駄作なのかわからないが、全く理解できない。「あっそ」としか言いようがない。 video.unext.jp