Movies & Books

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『スティング』これこそカッコいいおじさん。ポール・ニューマンが素敵【ネタバレあり】

スティング 1973年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00029/SID0029540_fwxga.png

再生時間:129分

スティングについて

明日に向って撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル監督が、主演のポール・ニューマンロバート・レッドフォードと再び組んだ大ヒット作。1930年代のシカゴ。大物ギャングに仲間を殺された若き詐欺師フッカーは、その恨みを晴らすため、賭博師ゴンドーフの助けを借りて一世一代の大バクチを打つ。二転三転するストーリー展開と小気味よいテンポが魅力の傑作犯罪ドラマ。アカデミー賞作品賞など、1973年度最多7部門を受賞。

スティング : 作品情報 - 映画.com

キャスト・スタッフ
受賞について

アカデミー作品賞、監督賞、脚本賞編集賞美術賞、衣装デザイン賞、ミュージカル音楽賞を受賞

スティング
あらすじ

ポール・ニューマンロバート・レッドフォードロバート・ショウら名優たちが繰り広げる痛快ストーリー。1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、仲間の一人であるルーサーを殺害する……。

解説・あらすじ - スティング - 作品 - Yahoo!映画

video.unext.jp
ストーリーと解説
※ネタバレあり

 舞台は1930年代のシカゴ。詐欺師のジョニー(ロバート・レッドフォード)は詐欺で、ギャングのボス、ロネガン(ロバート・ショウ)の金を奪ってしまい、大切な友人を殺されてしまう。彼の敵を討とうとヘンリー(ポール・ニューマン)に協力を求め、2人で作戦を立てる。

しかし、ジョニーはヘンリーを裏切り、ロネガンに取り入る。しかし、最後の最後でジョニーがロネガンに取り入っていたのも作戦でしたというオチ。二転三転のどんでん返し系。

誰もが一度は聞いたことのあるあの軽快な音楽とともに、おしゃれな画面展開が素敵。ロバート・レッドフォードの駿足にもビックリ。

個人的評価

映画の満足度★★★☆☆

感想・レビュー

最後が明るくて良い。ケチなペテン師のおしゃれ映画。音楽も良いし、紙芝居のように途中途中で差し込まれる章ごとのテーマも素敵。イケメン、ロバート・レッドフォードもかっこいいけど、ポール・ニューマンのおじさんの色気がすごい。 

video.unext.jp