& CINEMA

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

どんでん返し映画の代表格『シックス・センス』【ネタバレあり】あらすじと解説

シックス・センス 1999年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00015/SID0015090_fwxga.png

再生時間:107分 

幽霊が見える少年と幽霊が心を通わせ合い、おたがいの問題を解決するファンタジー
こう表現すると、つまらなそうな映画に見えるが「シックス・センス」のジャンルは一応ミステリー。

この映画のすごいところは、主人公の精神科医マルコムが幽霊であることに観客が最期まで気づかないよう上手く構成されていること。最後の最後で「マルコムは死んでいたのか!」と主人公および観客が度肝を抜かれる。

また、どんでん返し映画でありながら、2度観ても楽しめる作品でもある。1度目はマルコムの視点、2度目は幽霊が見える少年コールの視点で見ると、コールにはどんな世界が見えていて、どんな風に幽霊と心を通わせていくのかを知ることが出来て、これはこれとしてもう1度楽しめる作品。

登場人物

マルコム・クロウ:ブルース・ウィリス
小児精神科医

コール・シアー:ハーレイ・ジョエル・オスメント
幽霊が見える少年

アンナ・クロウ:オリヴィア・ウィリアムズ
マルコムの妻

ヴィンセント・グレイ:ドニー・ウォールバーグ
マルコムの元患者。マルコムに恨みを持っており、ある夜、マルコムを銃で撃つ。

リン・シアー:トニ・コレット
コールの母親。貧しいながらも、コールを愛情を持って育てているが、あまりコミュニケーションがうまく行っていない

キラ:ミーシャ・バートン
幽霊の少女


あらすじと考察
※ネタバレあり

マルコムが成仏するために必要だったこと

マルコムはおそらくキリスト教徒なので成仏という言い方は適切ではないが、マルコムが天国に行けず、この世に未練を残した理由は、自分を殺害したヴィンセントを助けられなかったことへの後悔である。

ヴィンセントもコールと同じ幽霊が見える少年で、コールと同様に周囲から「化け物」呼ばわりされ悩んでいた。彼の主治医だったマルコムはそれを理解してあげることができず、ヴィンセントの心に傷を残してしまった。

結果、マルコムは大人になったヴィンセントに銃で撃たれて死んでしまうのだが、突然のことで状況を理解できないまま死んでしまったマルコムは成仏できないまま、幽霊となってこの世をさまよってしまう。

そんな時、マルコムは昔のヴィンセントのような少年コールに出会い、マルコムは彼を助けてあげてあげたいと考える。もちろん、この時のマルコムは自分が死んでいることに気づいていないので、あくまで精神科医としてコールを助けてあげたいという意味。

コールの悩み

子供でありながら、見えてはいけないものが見えてしまう恐怖。元裁判所の建物だったという学校では、昔、絞首刑が行われており、処刑された囚人や家族の幽霊が見えてしまうし、家でも夫にDVで殺害されたと思われる女性や後頭部を撃たれて死んでしまった少年の幽霊がウロウロしている。

幽霊たちは皆、幽霊が見えるコールに助けてほしいと思い、寄って来ている。コールはそれを母親にも教師にも相談することができず、一人で恐怖と戦う日々を送っている。

コールの告白

冒頭のコールが家の玄関から周囲の様子を伺い、ドアを出てから逃げるように足早に教会に駆け込むシーンから、最初からコールはマルコムが幽霊であることは気づいていると思われる。

それでも、コールはマルコムには恐怖を感じることなく、交流を続ける。ある時、コールがマルコムが悲しい目をしている理由について尋ねると、マルコムは昔少年を救えなかったことを後悔していて、その少年に似たコールを助けたいと思っていることをコールに伝える。

それを聞いたコールは「僕には死んだ人が見えるんだ」とマルコムに告白する。そして「彼らは自分が死んだことに気づいていない」と。心の中では「お前のことだよ」と思っているのだろうが、幽霊に対して、そんな告白をするのもなかなか勇気が要ることだろう。

それを聞いた(自分が幽霊だとまだ気づかない)マルコムはコールを精神分裂病の症状あり、薬物投与、入院の必要ありと自身の記録用のボイスレコーダーに残す。

コールのお願い

ある時、マルコムは妻の浮気(本当はマルコムは死んでいるので浮気ではない)を疑い、妻との時間を作るためにコールの元を離れようとする。

もちろん、コールはマルコムが幽霊であることを知っているのだが、元精神科医の幽霊だから何とかしてくれるんじゃないかとすがるような気持ちだったのだろうか、「先生しか僕を治せない。僕の秘密の話を信じて、僕を救ってほしい」とマルコムに懇願する。

2人は教会で幽霊の対処法について話し合う。幽霊と人間が幽霊の気持ちについて話合うのだから、おかしな話だが、マルコムは「彼らを安心させてやりたい、話を聞いてやるんだ」とコールに諭す。

コールは「彼らが怒っていて、僕らを苦しめたいと言ったら?」と尋ねると、マルコムは「そうは思わない」と答える。コールが「本当にそう思う?」と確認すると、マルコムは「わからない」と答える。

コールの人助けならぬ、幽霊助け

ある日、コールはコールの部屋でゲロを吐く少女の幽霊と出会う。コールは彼女のお葬式に行き、彼女の部屋で少女の幽霊に箱を託される。

コールはそれを彼女の父親に「彼女が伝えたいことが入っている」と手渡す。中身はビデオテープ。それは彼女の部屋を隠し撮りしたもので、彼女の母親が彼女の食事に床用洗剤を混ぜるシーンが映っていた。

立ち直るコール

幽霊たちとの折り合いをつけたコールは、学校に出る幽霊とも上手くコミュニケーションをとるようになり、学校生活も落ち着いたのか、学芸会では劇の主役をするまでになった。もう大丈夫だね、とコールの元を去るマルコム。

コールはお礼にマルコムが奥さんにメッセージを伝えるには寝ている時に話かけるんだよ、無意識に聞いているからとアドバイスする。

自分の霊感について母親に告白するコール

車で迎えに来た母親とコールの車の中での会話。コールは母親に自分には死んだ人が見えることを告白する。

信じない母親に、彼のところには亡くなった祖母の幽霊がよく来ていて、母親と祖母しか知らないエピソードを話し、祖母からの伝言を母親に伝える。

自分の息子がホンモノだと気づく母親。ここでコールと母親との信頼関係も確固たるものとなり、母親との問題も解消される。

自分が幽霊であることに気づき、天国へ行くマルコム

コールの問題を解決し、妻の元へ戻るマルコム。リビングで妻は、結婚式のビデオを見ながら眠っている。

妻の手から転がり落ちる結婚指輪。しかし、妻の左手には結婚指輪がはまっている。ということは、この指輪は俺の?!と、ここでやっと自分が死んでいることに気づくマルコム。やっと状況を把握し、コールに教えられたように寝ている妻に話しかけるマルコム。

マルコムがアンナに語りかける最後のセリフ

もう行ってもいいね。いくつか仕事があったんだ。
ある人を助けたかった。それも出来た。

もう一つ、君に言いたかった。大切にしてたよ、いつも君を。愛しているよ。

今、眠っているが目覚めると全てが変わっている。

ヴィンセントとコールの共通点

冒頭のヴィンセントがマルコムの家で事件を起こす場面で、マルコムはヴィンセントに「君は静かで利口、親切、思いやりのある子だった」と言うが、ヴィンセントは「呪われていたんだ!」「僕は化け物じゃない!」と号泣するシーンがある。このヴィンセントとコールの共通点は

  • もの静かで賢い
  • 親切で思いやりがある
  • 霊感があり、他人から「化け物」と言われる
  • 強い不安、情緒不安定
  • 両親が離婚→助けてくれる大人が少ない
  • 社会的孤立

そりゃ、幽霊が見えてしまって、幽霊たちが助けてと小さな子供のところに殺到したら怖いし、不安にもなるだろう。

周りに相談しても「君の頭おかしい」と言われるだけだし、そりゃ孤立してしまうだろう。元精神科医で本人も幽霊であるマルコムは、霊感のある子供を救うには抜群の属性を持つ存在だった。

 

シックスセンスの評価
  • どんでん返しのビックリ度★★★★★
  • 個人的映画の満足度★★★★★

video.unext.jp

シックス・センス
解説

どんでん返しと言えばこの映画。繰り返し鑑賞して巧妙な伏線を確認するのも一興。ハーレイ・ジョエル・オスメントは弱冠11歳でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。

「シックス・センス」(洋画 / 1999年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

 キャスト・スタッフ
M・ナイト・シャマラン監督
作品一覧

リンクが貼ってあるものは、U-NEXTで観られる作品です。

シャラマン監督はヒッチコックのように自分の作品にカメオ出演することでも有名。「シックス・センス」では、コールが同級生の家の屋根裏に閉じ込められて、気絶した後に運ばれた病院のインド人医師として出演している。

テレビドラマ「The OC」で大人気となった、ブレイク前のミーシャ・バートンも少女の幽霊役でちょい役で出演しています。

video.unext.jp