& CINEMA

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『イン・ハー・シューズ』は弁護士の姉と美人だけどバカな妹の姉妹関係を描いた作品【ネタバレあり】

イン・ハー・シューズ 2005年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00010/SID0010906_fwxga.png

再生時間:130分

イン・ハー・シューズ
解説

L.A.コンフィデンシャル』『8Mile』のカーティス・ハンソンが、キャメロン・ディアスを主演に迎え、女性の自分探しを描いた感動作。製作にリドリー・スコットも名を連ねる。共演に『アバウト・ア・ボーイ』のトニ・コレットとベテラン女優のシャーリー・マクレーン。内面にコンプレックスを持っている妹と外見にコンプレックスを持っている姉の心のすれ違いと葛藤(かっとう)を女優たちが見ごとな演技で表現する。

解説・あらすじ - イン・ハー・シューズ - 作品 - Yahoo!映画

キャスト・スタッフ
カーティス・ハンソン監督
作品一覧

  1970年 H・P・ラヴクラフトのダンウィッチの怪
  1973年 ミッドナイト・ランブラー
  1978年 サイレント・パートナー
  1979年 リトル・ドラゴン
  1982年 ホワイト・ドッグ
  1983年 爆笑!?恋のABC体験
  1983年 ネバー・クライ・ウルフ
  1987年 窓・ベッドルームの女
  1991年 バッド・インフルエンス/悪影響
  1992年 ゆりかごを揺らす手
  1994年 激流
  1997年 L.A.コンフィデンシャル
  2000年 ワンダー・ボーイズ
  2002年 8Mile
  2002年 アダプテーション
  2005年 イン・ハー・シューズ
  2007年 ラッキー・ユー
  2011年 ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
  2012年 マーヴェリックス/波に魅せられた男たち
 

イン・ハー・シューズ
あらすじ

自分が輝ける、オンリーワンの場所が欲しい!そんな全女性に贈るハートフルドラマ
地味でお堅い姉のローズと、奔放でその日暮らしを謳歌する美貌自慢の妹マギーは、ある事件をきっかけに仲違い。姉に追い出され住む場所を失ったマギーは、会ったことのない祖母エラから金をせしめようと彼女が暮らす老人ホームを訪れるが。 

「イン・ハー・シューズ」(洋画 / 2005年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

ストーリー・考察
※ネタバレあり

 頭は良いが、地味な弁護士の姉ローズ(トニ・コレット)。美人だけど、おバカで難読症の妹マギー(キャメロン・ディアス)。無職のマギーは一時的にローズの家に住まわせてもらっているが、ローズの留守中にローズの同僚で恋人とセックスしたことがきっかけで大げんかとなり、マギーは家を追い出されてしまう。

困ったマギーが頼ったのは、小さい頃離れ離れになってから一度も会っていない祖母。祖母の住む老人ホームを訪ねるが、そこでもマギーは祖母のお金を盗んだり、問題を起こす。そこで祖母は「お姫様みたいに遊んでないで働きなさい」と祖母がバイト料を払うかたちで、マギーに老人ホームでボランティアをさせる。

マギーは老人ホームで大学教授だった老人と出会い、自分が難読症であることを打ち明け、教授の指導のもと、文字が前よりも読めるようになり充実感を得る。

一方、ローズは法律事務所をやめ、犬の散歩のバイトをしているが、もともとローズに好意を持っていた元同僚のサイモンと付き合うようになり、2人は婚約。しかし、ちょっとした言い争いから2人は距離を置くことになる。

そんな中、祖母はもう一人の孫ローズに手紙を出し、手紙を読んだローズは祖母とマギーの元へやってくる。3人で自殺した母親の思い出話を語ったりして過ごし、失われた祖母と孫の時間を取り戻す。そんなこんなでローズとマギーも和解し、マギーはローズが婚約者と距離を置いていることを知り、内緒で2人の仲を取り持つ。そして、ローズとサイモンは結婚。マギーは結婚式で難読症を克服し、姉に祝辞を読む。

個人的感想

映画の満足度★★☆☆☆

感想・レビュー

全く似ていない、対症的な姉妹を描いた作品。父親と再婚した継母と継子 VS 姉妹の構図で、普通より絆の強い2人のゴタゴタ。自分の恋人を寝取る妹とか、絶対嫌。姉が寛容。

video.unext.jp