Movies & Books

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『あの日のように抱きしめて』はユダヤ人強制収容所から生還した女性が夫の本性を知る話【ネタバレあり】

あの日のように抱きしめて 2014年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00038/SID0038524_fwxga.png

再生時間:98分

あの日のように抱きしめて
解説

 『東ベルリンから来た女』のクリスティアン・ペッツォルト監督が、主演のニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルトと再タッグを組んだサスペンスドラマ。第2次世界大戦直後のドイツを舞台に、ナチス強制収容所から奇跡的に生還するも顔に大けがを負ったユダヤ人の妻と、容貌の変わった妻に気付かない夫の愛の行方を描く。夫と念願の再会を果たしたヒロインを待ち受ける衝撃の展開が、戦争で引き裂かれた夫婦の心の傷をあぶり出す。

解説・あらすじ - あの日のように抱きしめて - 作品 - Yahoo!映画

キャスト・スタッフ
  • (ネリー)ニーナ・ホス
  • (ジョニー)ロナルト・ツェアフェルト
  • (レネ)ニーナ・クンツェンドルフ
  • ミヒャエル・マールテンス
  • イモゲン・コッゲ
  • キルステン・ブロック
  • 監督 クリスティアン・ペッツォルト
あの日のように抱きしめて
あらすじ

戦争によって引き裂かれた夫婦の愛の真理を問うサスペンス!!
1945年6月、ベルリン。第2次世界大戦でのドイツ降伏の翌月、元歌手でユダヤ人のネリーは、顔に大怪我を負いながらも強制収容所から生還する。ピアニストだった最愛の夫・ジョニーを見つけだしたい彼女は、顔の再建手術で元の顔に戻すことに固執するが…。

「あの日のように抱きしめて」(洋画 / 2014年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

ストーリー・考察
※ネタバレあり

ユダヤ強制収容所からドイツに戻ったネリー(ニーナ・ホス)。ネリーは顔に傷を負い、顔の再建手術を受ける。ネリーは元歌手で資産家。

ドイツに部屋を借り、ユダヤ機関に勤めるレネ(ニーナ・クンツェンドルフ)と家政婦を雇って暮らし始める。レネはネリーにパレスチナへの移住をすすめる。

しかし、ネリーはピアニストだった夫のジョニー(ロナルト・ツェアフェルト)が忘れられない。

しかし、レネは「ジョニーは裏切り者。ジョニーはネリーがナチスに逮捕された2日前に逮捕され、ネリー逮捕後に釈放され無罪放免で音楽を続けた。今もネリーの財産を狙っている」とネリーに忠告するが、ネリーは聞き入れようとしない。

ジョニーを探すネリー

ネリーはジョニーを探して街を歩く。そして、酒場で下働きをしているジョニーを見つける。しかし、ネリーが顔の再建手術を受けていたのと、収容所帰りでやつれているため、ジョニーは彼女がネリーであることに気づかない。

家に戻ったネリーに、レネは自分の身を守るためとネリーに銃を渡す。そして、ネリーは再びジョニーの酒場に行くが、娼婦と間違われ、酒場から追い出されてしまう。

ネリーに近づくジョニー

店の外に出されたネリーに声をかけるジョニー。

「君は僕の妻に似ている、妻の一族は全滅し、妻に遺産が入る。しかし、僕には相続権がない。だから、君に妻に成りすましてもらって、妻が収容所から生還し相続したことにし、その遺産を2人で山分けしよう。君には2万ドルを渡す」とジョニーはネリーに話す。相手がネリー本人とは気づかずに。

ネリーはジョニーに「彼女は生きているのでは?」と問いかけるが、ジョニーは気にも留めず「妻は死んでいる」と断言する。

ジョニーのネリー改造計画

ジョニーはネリーを家に連れて行き匿う。かつて住んでいたベルリンで友人の前で感動の再会シーンを演出するため、他人に2人でいるところを見られるとまずいからだ。

ネリーはレネのところに戻り、ジョニーと会ったことを伝える。そして、荷物を持って、再びジョニーの家に戻る。

ネリーがジョニーの元に戻ると、ジョニーはネリーの歩き方を見て自信をなくし、計画は無謀だったと言い、ネリーに2ドルを渡して帰ってくれと追い返そうとする。しかし、ジョニーと一緒にいたいネリーは「試してみましょう。数日だけ」と強引にジョニーの家にとどまる。

ジョニーはネリーにネリーの筆跡を真似る練習をさせ、ジョニーが保管していたネリーの靴を履かせ、ネリーの赤いドレスを着させる。そして、出会う可能性のある人のリストを渡し、彼らの情報を頭に叩き込むよう、ネリーに指示する。

更にジョニーは、ネリーに化粧の方法を指示し、戦争前の華やかなネリーになるよう要求。しかし、ネリーは収容所帰りなのに、華やかに着飾らせようとするジョニーに違和感を感じ、それをジョニーに指摘するが、ジョニーは「やつれた囚人でなく、”ネリー”でなかやならない」と主張する。

また他人から聞いた話として、ネリーは収容所での体験をジョニーに話す。それについてもジョニーは特に興味を示さず、他人に聞かれたら、その話をしろとネリーに指示するのみ。

ジョニーが出かけ、戻ってきたところ、ネリーはジョニーに渡された赤い服を着て、髪を染め、ネリーのように振舞い、ジョニーに「ジョニー」と呼びかけるが、ジョニーは「全然ネリーに似てない」と不機嫌になる。そして、2人で散歩に出た時もネリー気取りはやめてくれとネリーに冷たく言い放つ。

レネの忠告

再び、レネの元へ戻るネリー。ネリーはレネに、収容所で彼だけを想って何とか生き延びることができたこと、今、彼は私をネリーに戻してくれた、だからレネとパレスチナには行けない、ジョニーの元に戻る、ベルリンに戻ったら元の自分に戻れるとレネに話す。

しかし、レネは「彼の目当ては金だ」と言い「ユダヤ人への裏切りを許すのか?」とネリーを問い詰める。

それでもネリーはジョニーは妻を愛している、彼は裏切るような人じゃないとレネの忠告を突っぱねる。

レネはあなたがジョニーを射殺してくれることを願っていると呟く。

ネリーを友人宅へ連れて行くジョニー

ジョニーはネリーに、ネリーがナチスに逮捕される直前に、ネリーが隠れていたハウスボートの近くに住む友人宅を訪ねさせる。その家の妻はすぐにネリーだと気づき、ネリーがナチスに逮捕された時に何もできなかったことを詫びる。そして、ネリーはジョニーがネリーの逮捕直後にこの家を訪れていたことを知る。

それを聞き、自分が隠れていたハウスボートに行くネリー。そこへジョニーが現れる。ネリーはジョニーに「彼女がナチスに逮捕された日に、あなたはここに来たの?」と尋ねるが、ジョニーは答えず、出ようと言って、ハウスボートを後にする。

ネリーの疑念

2人で自転車で帰る途中、ネリーはジョニーに「ネリーを裏切ったの?」と尋ねる。

そして「裏切ったわけではないんでしょ。逮捕され、尋問され、釈放された。妻が心配で隠れ家に直行し、当局に尾行された。時すでに遅しで、妻が目の前で逮捕された。そうよね?」とジョニーに尋ねるが、ジョニーは何も答えず、自転車を止め、ベルリンの駅でネリーがジョニーと友人たちに再会する時のシミュレーションを始めてしまう。

レネの自殺

ネリーが自宅に戻るとレネはおらず、荷物が片づけられていた。そしてネリーは家政婦からレネが自殺したことを聞かされ、レネからの手紙を受け取る。

その手紙には「我々は過去には戻れない。私には前進もない。・・・これだけは言っておく。あなたはナチスに逮捕される直前に離婚されている。文書の写しを同封する」と書かれていた。レネは勤務先で偶然、ジョニーの離婚届を目にしていたのだった。

確信が深まるネリー

ここで、さすがにジョニーの裏切りを確信するネリー。ベルリンでの再会劇を演じる前日に泊まったホテルで、ジョニーはネリーの腕に収容所でつけられた囚人番号の入れ墨の痕を付けるため、ネリーの腕に傷をつけようとする。ネリーは怒ってバスルームに閉じこもり、ルネの手紙に同封されていた離婚届を再度確認する。

ベルリン駅での再会劇

翌日、ネリーはベルリン駅でのジョニーと友人たちとの再会を果たす。感激する様子を演じるジョニー。表情が硬いネリー。そのまま、皆で食事に行き、ジョニーは「君は僕の命だ」と下手な小芝居をする。

そして皆をピアノの近くに呼び寄せるネリー。ネリーは、ジョニーに「スピーク・ロウ」を伴奏するように言う。戸惑いながらピアノを弾き始めるジョニー。

最初は声が出ないネリーだが、徐々に声を取り戻して行く。彼女が歌っている様子と腕からちらりと見える収容所で彫られた本物の囚人番号の入れ墨を見て、ジョニーは彼女が本物のネリーだと気づく。

驚いて、ピアノが弾けなくなるジョニー。その2人の様子を唖然として見ている友人たちを置いて、ネリーはその場を去る。

個人的評価

映画の満足度★★★☆☆

感想・レビュー

収容所からやっと生還したのに、心から愛し、信じていた夫が実は自分をナチスに売っていたことを知ってしまった妻。また、既に勝手に離婚していたのに、今度は妻の遺産を横取りしようとしている。ネリーの失望はどんなに大きかったことだろう。

所詮、夫婦は他人。実際問題、妻を守るために身を挺して守ってくれる夫なんて、ほとんどいないだろうし、逆もまた然り。大金が自分のものになるとわかれば、バレなきゃOKと汚いことも平気でする夫。

でも、この映画で一番怖いのは妻の生死について夫が全く興味を持っていないこと。ナチスに脅迫されたとはいえ、申し訳ないことをしてしまったという反省や後悔の気持ちが1ミリも見られない。自分のことにしか興味がない男を夫に持つと悲劇。

video.unext.jp